新着記事

豊富な機能

白い家

設計管理業者は、設計だけでなく現場で工事の支持を出すこともします。その為、住宅や建物に機能をつける際、その機能が本当に役立つかどうかを判断しなければなりません。とても責任ある仕事です。

防火対象物点検でお悩みの方はこちらで解決できます。経験豊富なプロのスタッフが在籍しているこちらにお任せ!

利用できる制度

黄色い花

高齢者住宅の改修工事に利用できる制度について、その内容を紹介します。また各所のバリアフリーの対策にはどれくらいの費用がかかるかなど、住宅の修理工事費用について知りましょう。

大規模修繕のコンサルティング実績が豊富なこちらなら、設計管理も安心しておまかせできます。修繕工事をお考えならぜひご相談ください。

歴史を見る

緑の中の家

東芝はとても歴史がある企業の1つです。太陽光発電等に力を入れており、法人向けのものから家庭用のものまで幅広く手がけています。最近ではホームページ等で初心者にもわかりやすく仕組みを紹介していたりします。

電気の現状

花を摘む

アスベスト除去はしっかりとした技術を持ったプロにお任せするのが安全で確実な方法ですよ。まずは見積もりをとってみましょう。

売電を目的に一般家庭はもちろん、企業が産業用太陽光発電システムを導入する事例も多くなっています。売電による投資費用の回収には、パネルの種類や性能、売電をどのくらいできるかによって変わってきますが、現在の太陽光発電ではおおよそ10年程度が損益分岐点となります。 つまり10年間運用をして売電を繰り返せば、買取金額に変化が無い限り投資金額の回収ができます。しかし工夫次第では、投資費用回収をもっと早める事もできます。 例えばその1つがシステムの導入価格が同じ場合は、年間実発電量がより高いシステムを選ぶことです。実発電量は実は販売メーカーごとに違いがそれぞれあるため、事前の情報収集が有効です。また節電も有効で、節電による電力消費が低くなるほどその分売電量も上がってより早く投資費用を回収できます。

最近は住宅の使用エネルギーを電気1つにした上で、安価な深夜電力を積極的に用いるオール電化が流行しています。このオール電化は利用次第では、太陽光発電とも相性が良いため、組み合わせて運用するのが現在のトレンドの1つになっています。 オール電化の特徴である深夜電力の利用と、太陽光発電の特徴である日中は発電をしてそれを使用もしくは売電するというそれぞれの特徴が互いにフォローし合います。これによって昼間の高い電気料金は太陽光発電が肩代わりして、夜間の発電できない時間帯では安価な深夜電力の活用によって電気料金を大幅に抑えることができます。 電気の利用方法として非常に賢く、お得なのがオール電化と太陽光発電の組み合わせ運用です。