利用できる制度

黄色い花

高齢化が増加すると住まいの問題が出てきます。長年暮らしてきた家をバリアフリーにしたい、水回りを使いやすくしたいと考えても、改修工事に費用は決して安いものではありません。改修工事をする際に一定の条件を満たしていれば利用できるのが、バリアフリーリフォーム投資型減税というものです。一定のバリアフリー工事を行った場合、控除対象限度額として10パーセントの控除を受けることが出来る制度になっています。適用となるリフォーム後の転居開始日、控除期間、控除対象限度額の他、改修工事内容要件、家屋の適応要件、工事費の要件など、基準を満たしていないといけませんが、これらをクリアした際には改修工事費用を少しでも抑える事が出来ます。その他、要介護1〜5、要支援の人が住む家は自治体からバリアフリー費用を9割補助して頂ける高齢者住宅改修補助制度というものがあります。

バリアフリー改修工事を行う際には、段差の解消、手すりの設置、出入り口や通路の幅の拡幅などが必要になってきます。住居すべてにバリアフリーにするとなると大規模な改修工事になってきますが、部分的に手を加えたいという場合の相場をご紹介します。階段やトイレに手すりを設置するには1万円から5万円、開き戸を引き戸に変更するには10万円から20万円になります。ホームエレベーターを設置する際には250万円ほどかかります。その他車椅子でも入れる広々としたトイレは350万円ほど、浴室のバリアフリーは150万円ほど、歩きやすい玄関ポーチは50万円ほどかかります。あくまでも目安であり、家屋の状況や築年数によっては金額が上下すると考えると良いでしょう。